「私…お兄ちゃんの子供妊娠する!」妹が突然訪ねた大好きな兄の家にはまさかの婚約者が…。絶対に取られまいと馬乗り生挿入!ガッチリホールドで強制的に何度も何度も膣内射精させられる! – アダルトビデオ動画 – 無料

続きをみる





















お兄ちゃんのお嫁さんになることを夢見た妹に突然の悪夢が!突然訪ねた兄の家でまさかの婚約者と鉢合わせ!結婚を兄から告げられ困惑する妹!「妊娠すればお兄ちゃんは結婚諦めてくれるかも…」そう願う妹は兄を押し倒し近親相姦生挿入!精子欲しさにデカ過ぎるムッチリ尻で圧迫しながら激しく腰を振る!中出しを拒む兄を種搾りプレスとカニバサミでガッチリ押さえ強制膣内射精!


★★★★★


宮崎あや/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


宮崎あや/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


宮崎あや/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

この作品のAV女優の名前教えてください


宮崎あや/閲覧:117回/回答:1回

この作品のAV女優の名前教えてください現在AVフォルダの整理をしております動画ファイルに作品名等のリネーム作業行なっています女優名わからなくて困っておりますのでよろしければ他の質問にへの回答して頂けると助かります神様お願いします


ベストアンサー


葵こはるor宮崎あや

⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

この女優さんだれかわかりますか?


宮崎あや/閲覧:15211回/回答:2回

この女優さんだれかわかりますか?


ベストアンサー


AV女優の宮崎あや「「童貞くんのセックスの練習相手になっていただけませんか!?」街中で声を掛けた綺麗で心優しいOLさんが素股でセックス指南!のつもりがヌルっと入って赤面筆おろし!5 真正中出し編」

⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

あまり有名ではないけどかわいい、きれいなAV女優さんを教えてください!


宮崎あや/閲覧:262回/回答:3回

あまり有名ではないけどかわいい、きれいなAV女優さんを教えてください!


ベストアンサー


可愛いのは「鈴木心春」「宮崎あや」「なつめ愛莉」「月本愛」「翼」「絢森いちか」綺麗なのは「江上しほ」「結月ひまわり」「倉多まお」「葵」「桃園怜奈」

⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


宮崎あや/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


宮崎あや/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


宮崎あや/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


宮崎あや/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


女優は良い。
宮崎あやはこういう役がうまい、ちょっと1本ねじの抜けた感じがエロい。ちょっと弛んだ腹の感じも良い。ただ全体的にやるならやる、嫌がるなら嫌がるにしてもらわないとバラバラで統一感がなかった。
悪くは無いが。。。
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
主演女優の他に企画単体級女優が婚約者役でエキストラ出演。(脱ぎ、絡みはなし。)

第1話 宮崎あや(妹)/一条リオン(兄の婚約者)
絡み開始時の初っ端、宮崎あやさんはセリフを間違えている様に見えるが、勢いで乗り切っている感じ。
絡みは全裸。ほど良いむっちり感とは思うが、腹はポテってる。

第2話 広瀬うみ(妹)/夏希みなみ(兄の婚約者)
夏希みなみさんは軽いキスシーンあり。
絡みは全裸。スリム系。うみちゃん、ずっと音沙汰無いけど、どうしちゃったのかな?

第3話 仁美まどか(妹)/西条沙羅(兄の婚約者)
この話は婚約者が家に居る状態での絡みなのだが、情況設定にかなり無理がある様に思う。
絡みはワンピースをたくし上げての着衣だが、全裸に近い。スリム系。マン屁ブリブリ。

第5話 美咲かんな(妹)/青葉優香(兄の婚約者)
婚約者は居るが、金の無い兄が単身で何故か一戸建て住い。室内は質素。短いロケシーンあり。
絡みは全裸。基本的にスリム系と思うのだが、前屈みの体勢になると何故か段腹になってしまうのが個人的には残念。

ヤンデレ痴女風味の妹。兄は言葉では駄目と言いつつ、体はほぼ無抵抗。
各話複数回の中出しフィニッシュ。
モザイクは濃く感じる部分と薄目に感じる部分とが混在している感じだが、抜き差しは比較的見やすい。ただし、カメラが微妙に抜き差しをフレームアウトするなど、意図が分からないと言うか、歯がゆく感じる所も一部ある。
中出しの逆流は見やすくて、量も多い感じで派手目の演出。そこは好みなのでなかなか良く感じた。
話の内容的には、妹が兄に迫る部分に若干唐突感があるのが、少し惜しく感じた。